fc2ブログ

鳥取大学鉄道研究会公式ブログ

鳥取大学鉄道研究会や部員の活動を記録していきます。お気軽にコメントどうぞ~。

2012年度卒業旅行4日目

4日目。
卒業旅行もいよいよ最終日。
本日は富山から鳥取に向けて進みながら、色々と寄り道していくことになっています。
ただこれまでの疲れも溜まっていたのか、みんなで寝坊してしまい、予定より30分遅れでの出発。
P1000942.jpg
朝食は富山駅で立山そばを啜ります。
P1000943.jpg
富山から金沢へと移動。
P1000944.jpg
P1000959.jpg

金沢駅到着後は午前中は観光に宛てることに。

P1000948.jpg
P1000951.jpg
バスを使って移動し、兼六園にて水と緑の調和する庭園を散策。
P1000957.jpg
再びバスに乗って、近江町市場をぐるりと一巡した後は、金沢から福井へと移動。ところでエムザロって何?
P1000960.jpg
福井駅に到着後、昼食のためにヨーロッパ軒総本店へ。
P1000962.jpg
名物ソースカツ丼を賞味。ここではヨーロッパ軒&カツ丼誕生100周年だとかで、ポケットティッシュをもらいました。
P1000963.jpg
ヨーロッパ軒から福井駅への帰り道に、少し寄り道して、福井県庁に。
見ての通り、堀に囲まれた石垣の上に建てられており、この石垣の上にも登れます。
先日の松本城然り、鉄研では旅先ではよくお城を観光したりするのですが、ここは随分大胆なことをしてるな、と思いました。
P1000966.jpg
福井からは普通敦賀行きに乗って、敦賀駅に到着。
駅前で自転車をレンタルして、金ヶ崎緑地周辺をパパっと観光。
P1000968.jpg
旧敦賀港駅舎。ここでは敦賀の歴史とそれに関わる鉄道の歴史が紹介されています。
P1000971.jpg
旧駅舎からすぐ近くの赤レンガ倉庫。
気比神社は簡単にお参りをしただけでほぼスルー。
P1000973.jpg
ここからはもう帰るだけ。

P1000974.jpg
姫路からは佐用行きに乗って、播磨新宮駅にて下車。
スタート地点までたどり着いて、今回は終了です。

スポンサーサイト



  1. 2013/03/29(金) 00:31:34|
  2. 旅記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年度卒業旅行3日目

卒業旅行3日目。
折り返し地点も過ぎ、ようようゴールも見えてきました。
この日は昨日の外湯巡りから開始して、きちんとすべての湯を巡り終えてから渋温泉を出発。
ついでに土産物も物色。
昨日と同じく宿の送迎バスで湯田中駅まで。
P1000915.jpg
本日も晴天で、駅からは雄大な景色が遠望できました。
P1000922.jpg
さて本日最初の車両は特急スノーモンキー。
P1000921.jpg
この他にも側面には猿の写真も貼ってありました。
P1000927.jpg
さて。改めて長野駅に到着。
駅から徒歩5分ほどのところにある、そばきりみよ田長野本店で昼食。
昼食後、長野駅から本日の宿がある富山駅に行くために行動を開始。
普通越後川口行きに乗り、雪国の旅へと出発。
P1000932.jpg
P1000931.jpg
2時間と30分ほどで北越急行のほくほく線が乗り入れる接続駅である十日町駅へ。
P1000935.jpg
ここで約一時間ほどの暇を使って駅前をぶらりと散策。
P1000936.jpg
ここからは特急はくたか16号金沢行きに乗り糸魚川。
P1000937.jpg
糸魚川からは普通富山行きで一路、富山へ。
そして、本日は富山駅前のウィークリー翔ホテル富山に宿泊。
一日目、二日目とは売って変わって、落差の大きい設備でしたが、それもこれもお金のため。
一泊素泊まり9000円の部屋に5人で止まったのでお値段お一人1800円。
サービスに難ありでしたが、この安さには替えられず。
当然のことながらチェックインを済ませたら夕食は外で。
P1000940.jpg
というわけでやってきたのが滑川。
富山駅から滑川駅に移動し、そこから闇夜を歩くこと20分。
本日の夕食の場は、元国鉄勤務の御主人が経営するレストラン レールハウス。
鉄道が走るファミレスといった感じで、ビーフシチューや巨大エビフライなどを堪能。

これで3日目は終了。
専ら移動に時間を費やしたのと、いよいよ明日が最終日というのもあって疲労もたまってきましたが、日程は予定通りに消化。

4日目に続く。
  1. 2013/03/29(金) 00:27:36|
  2. 旅記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年度卒業旅行2日目

2日目。
宿をチェックアウトして後、まずは下諏訪から上諏訪へと移動。ちなみに本日は18切符は使っていません。
P1000856.jpg
P1000857.jpg
上諏訪駅から諏訪湖まで徒歩15分弱ぐらい。歩道には僅かながら雪が残っており、まだまだ寒さを感じさせられました。
P1000860.jpg
諏訪湖に到着。天気もよかったので、うっすらながら昨晩の宿である山王閣も拝めました。
さて、次は遊覧船に乗って諏訪湖を満喫…
P1000863.jpg
ただし遊覧船は冬季休業中。
P1000865.jpg
お茶濁しに近くにあったデゴイチを。
思わず日程に余暇が出来たので、このまま上諏訪で観光するか、一足先に松本に行くかで割れたので、別行動。
上諏訪残留組は近くで足湯を探すことに。
少し歩いたところに足湯があったので、そこで暫く休憩。足湯としてはかなり広い方で、ぬるま湯と少し熱めの湯で区切られており、中々よかったです。
暫く足湯を楽しんだら、昼食を求めて松本へ。
P1000874.jpg
P1000876.jpg
昼食は松本駅から徒歩20分ほどのところにある居酒屋一歩。
P1000878.jpg
P1000879.jpg
P1000880.jpg
食べるのはもちろん山賊焼き。この写真はハーフサイズですが、昼食としてはこれで十分に満足できました。
昼食後は松本観光に移行。
P1000884.jpg
P1000888.jpg
松本城や旧開智学校を見学。
P1000890.jpg
P1000891.jpg
徒歩でも良かったのだけれど、北松本から松本まで乗車。
松本からは一時間ほどかけて長野まで移動。
目当ては長野電鉄です。乗車券特急券を買って特急ゆけむり号に。乗車。
北回廊パスを利用する案も出ていましたが、リスク軽減のために買わないことに。
P1000894.jpg
P1000896.jpg
展望席を鳥大鉄研で占有。
といっても最後尾車両ですが。
P1000898.jpg
特急の旅は信州中野までで、ここからは普通湯田中行きに乗り換え。
P1000901.jpg
湯田中駅は数年前に改修されているので比較的近代的。
P1000900.jpg
ただし改札出てからの光景は昭和感溢れています。電車の到着時には謎の歌謡曲がホームに流れていましたし。
P1000916.jpg
駅の裏手には改修前の旧駅舎を利用した休憩室?があります。
P1000918.jpg
湯田駅からは本日の宿の送迎バスに乗って、風情が煙る石畳の温泉街、渋温泉へ。
P1000907.jpg
というわけで二日目の宿は旅の宿、初の湯。
渋温泉には9つの外湯があり、これらを巡ることで苦(九)労を流すと掛けている云々。
といったことを宿のフロントで振舞われたコーヒーを飲みながら仲居さんから聞きました。
ちなみに9つの湯の入口にはスタンプと朱印が用意されており、特性手拭い(150円)に押していき、最後に石段を登った先の神社でスタンプを押すことで湯めぐり完了という仕組みになっています。

自分たちは4人2組に別れて外湯を巡ることに。外湯ひとつひとつはあまり広くはないので、一度に4、5人くらいが限度かな。
基本的に外湯はいずれも熱めで、先客が居ない限りは水で薄めることがほとんど前提になっています。
個人的には二番湯が一番熱かったです。

夕飯を食べてから、二時間弱くらいかけて外湯めぐりをしましたが、かなりハイペースにも関わらず、全部は巡れずに閉湯時間に。
残りの湯は翌朝に持ち越しました。

3日目に続く。
  1. 2013/03/26(火) 13:12:01|
  2. 旅記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年度卒業旅行1日目

今更ながらな話ではありますが、3月6日から9日にかけて、卒業旅行に行ってきました。
厳密に言うと卒業生はお二人のみで、残りはお見送り会とかそんなノリでしょうか。
そんなわけで今回の旅先は卒業生の意見を大きく取り入れて、北陸方面へ。
大まかな順路は長野から新潟、富山といった具合です。
3泊4日と鳥大鉄研ではあまり前例のない長丁場な日程でしたが、なんとか消化できました。
では以下、本文。

1日目。
取り敢えずは春休み中ということで、参加者の所在がわりとバラバラなので集合先は塩尻。例によって例のごとくの現地集合でした。
この場では鳥取出発組みの視点からお楽しみください。

P1000819.jpg

本旅行一枚目。
といっても真っ暗で分かりませんが姫新線の播磨新宮駅。
鳥取を車で出発したのが3:50でこの写真を撮ったのが6:40頃。大体2時間足らずでの到着。
鉄道の旅という意味では一応ここが出発地点となります。ここからは18切符を使っての移動です。

P1000820.jpg

播磨新宮発5:59の上の写真の普通姫路行きに乗り、姫路で米原行きに乗り換え。
米原からは普通大垣行きで大垣からは快速で名古屋まで、というのが本来のプラン。
ですが大垣乗り換えで問題が発生。
踏切のトラブルかなにかで快速豊橋行きが15分遅れでの大垣出発に。
連鎖的に名古屋での4分乗り換えに間に合わず、当初の予定を放棄することに。
P1000821.jpg
P1000822.jpg
廃止間近のセントラルライナーで中津川まで移動後。
18切符利用を諦めて中津川から塩尻までは特急しなのを利用することに。
P1000827.jpg
P1000828.jpg
予定にない割と痛い出費でしたが、必要経費として割り切りました。
たまにはこういう快適な旅行もいいかなあ、と。
そしてようやく塩尻に到着。
P1000831.jpg
クモハ123-1 ミニエコー。
この車内で今回の卒業旅行の参加者8名は全員集合。
一部トラブルも有りましたが、卒業旅行はここからが本番。
塩尻からはミニエコーに乗って辰野に。
辰野からは普通岡谷行きで岡谷まで。
P1000833.jpg
岡谷駅では次の電車までの待ち時間30分ほどを使って自由行動。
岡谷市は時計や味噌で有名だったらしいですが、駅前にある商業施設ララオカヤを見る限り、その現状に不安を覚えました。
P1000834.jpg
さて岡谷からは普通上諏訪行きに乗り、今日の宿がある下諏訪へ。
宿候補としては上諏訪、下諏訪の両方に候補があったのですが、協議の末に落着しました。
P1000835.jpg
下諏訪駅からは徒歩での移動。まずは観光ということで諏訪大社下社春宮へ。
P1000839.jpg
ただし入口は工事中。
やはりシーズンでないとこんなものでしょうか。
あと下諏訪全体に言えるのかもしれませんが、駅から春宮までの道は歩道が狭く、あるいは少ないので結構危ないかも。車も狭い道でかなりスピードを出しているので、気を付けましょう。
P1000844.jpg
春宮の敷地内にあったこれが万治の石仏。
由来など細かい部分は省略しますが、首が伸びるだとかの記録があるらしいです。
最初にこれを見たとき、鏡餅みたいと思った自分はきっと罰当たり。
お次は諏訪大社下社秋宮へ。
P1000847.jpg
本日の宿である国民宿舎ホテル山王閣は、この秋宮の敷地内にあります。
P1000848.jpg
ちょっと木が邪魔ですが、外観はそれなりに立派。契約により2016年には取り壊されるとか。
どう見ても某ホテルに似ている、との声も聞こえましたが、取り敢えず部屋に荷物を置いて秋宮観光へ出発。
P1000849.jpg
ホテルの傍ら、ちょうどホテルの写真の左側辺りには展望デッキがあり、上諏訪までの眺望が広がっています。
P1000852.jpg
秋宮観光。かなり立派な造りで春宮よりも立派かな?
ただしテレビの取材かなにかであまり満足には巡れず、翌朝へ持ち越しに。
このあと山王閣で晩飯を頂き、1日目は終了。

2日目へ続く。
  1. 2013/03/25(月) 13:01:04|
  2. 旅記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

FC2USER117924CFV

Author:FC2USER117924CFV
FC2ブログへようこそ!

1970年 創部
現在、4年生3人、3年生5人、2年生2人、合計10人で活動しています。新入部員募集中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
旅記 (15)
近況報告 (4)
イベント (7)
その他 (7)
撮影記 (7)
部員紹介 (0)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR